Noveller 軽井沢タイムズ

気軽に知る/気軽に読める/気軽に書けるラノベサイト

5年生の秘密

3年生のおさむ君は知らないが、5年生の日

本人生徒たちの間では、学校で良明がお昼を

1人で食べられないことは有名だった。

いつも、ゆみが一緒に食べさせていることも

5年生じゅうに知れ渡っていた。

「ちゃんと食べてくれたんだ」

ゆみは、良明に手渡したお弁当箱が空っぽに

なっていることに感動していた。

野球の試合は日本人チームのボロ負けだった

が、ゆみはお弁当食べてくれたことだけで、


プロフィール

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2016-2023 Noveller 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.