Noveller 軽井沢タイムズ

気軽に知る/気軽に読める/気軽に書けるラノベサイト

早食い

けると、良明は急いで弁当をかきこんだ。

「さすがに、そんな急がなくても」

椎名は、大急ぎで食べる良明に言った。

「いや、スリーアウトになる前に」

良明は、椎名にそう答えてはいたが、実際は

同じクラスのゆみが戻って来ると、また食べ

づらくなるので急いでいたのだ。

急いで食べ終わると、お弁当の蓋を閉じた。

「スリーアウトチェンジ!」

良明たちはグランドに戻っていく。


プロフィール

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2016-2023 Noveller 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.