Noveller 軽井沢タイムズ

気軽に知る/気軽に読める/気軽に書けるラノベサイト

ホラーハウス(前編)

テニスボールはお化け屋敷に転がっていった

2人は、どうしようか前の道で悩んでいた。

「どうしたの?」

大学生ぐらいの優しそうなアメリカ人のお兄

さんが2人に英語で話しかけてきた。

「テニスボールが」

妹がお兄さんに英語で返事した。

ガラスの無い窓枠を飛び越えて、中に入ると

ボールを取ってきてくれた。

家の中から悲鳴のような音がした。


プロフィール

返信をつぶやく

返信をつぶやくには、ログインしてください。Novellerアカウントの作成はこちら

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2016-2023 Noveller 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.